東大教授らのチーム、「日中の眠気」にかかわる遺伝子を特定

ここでは、「東大教授らのチーム、「日中の眠気」にかかわる遺伝子を特定」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 東京大学の徳永勝士教授(人類遺伝学)のチームが、日中に激しい眠気や筋肉の脱力などを引き起こす「ナルコレプシー(発作性睡眠)」に関係する可能性がある変異遺伝子を特定し、研究結果を専門誌「ネイチャー・ジェネティクス」で発表した。

 米国や欧州では2500人に1人の割合で発症するナルコレプシーだが、日本人の発症率はその4倍に上る。
 研究チームでは、日本人のナルコレプシー患者222人と健康な外国人389人について、DNAを分析。その結果、患者の方にはかなりの頻度である変異遺伝子がみられたという。

 徳永教授は、ロイターとの電話インタビューで、この変異遺伝子の解明がナルコレプシーの治療法につながるとの期待を表明した。

東大教授らのチーム、「日中の眠気」にかかわる遺伝子を特定

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://isokusoku.blog44.fc2.com/tb.php/2-ee66a96e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。